• ホーム
  • 入会案内
  • 規約
  • 運営委員構成
  • 関連企業団体
  • お問い合わせ
 

GC研究懇談会 2022年度事業計画

事業 日時 場所
第377回ガスクロマトグラフィー研究会講演会
2022年6月24日(金) 北とぴあとオンライン開催を併用
第378回「日本分析化学会第71年会」ー講演会、講演題目:ガスクロマトグラフィーを用いて食の過去を探る:近年の成果から、演者(奈良文化財研究所・ヨーク大学)庄田慎矢 2022年9月16日(金)
10時15分~45分
岡山大学 H会場
第379回ガスクロマトグラフィー研究会講演会 ・見学会 2022年10月28日(金) (地独)東京都立産業技術研究センター
第27回キャピラリーガスクロマトグラフィー講習会
2022年時期未定 場所/開催方式検討中
「第380回 ガスクロマトグラフィー研究会」 -特別講演会- 講演テーマ「主題 未定」
2022年11月18日 (金) 北とぴあ
「第381回 総会と研究会」 2023年2月17日(金)
北とぴあ

2022年度の事業計画の実施は新型コロナウイルス感染症への対応を見て適宜変更します。 詳細は以下のGC懇のWebで最新情報を提供します。
http://www.jsac.or.jp/~gc/

・ガスクロマトグラフィー生誕70周年記念事業(表彰・出版等)を実施します。
・会員への情報提供 アーカイブに貴重な資料を収集し、掲載を増やしています。提供できる資料をお持ちの方は事務局まで送付ください。
アーカイブのURL http://www.jsac.or.jp/~gc/GCforum_takeda/happyou.html

 

 

 

第377回ガスクロマトグラフィー研究懇談会 講演会 開催案内
「主題:検出器の最新技術と基礎を学ぶ」

主催:(公社)日本分析化学会ガスクロマトグラフィー研究懇談会
日時:2022年6月24日(金)13:30~16:40、受付13:00~
開催形式: 会場での対面、およびオンラインのハイブリッド形式
会 場 : ZoomのWeb会議室と北とぴあ13F 飛鳥ホール
(東京都北区王子1-11-1 https://www.hokutopia.jp/access/

開催案内
毎年、ガスクロマトグラフィー研究懇談会の年度の最初の講演会は、ガスクロマトグラフィーの基礎的な内容を学ぶための講演を企画してきました。今年は、主題を「検出器の最新技術と基礎を学ぶ」とし、検出器の基礎から最新の検出器までご紹介する講演会を構成いたしました。 今回の講演会は、新型コロナ感染拡大防止の観点から、少人数の集合型講演とオンライン配信のハイブリッド形式で実施することとしました。 なお、緊急事態宣言が発令された場合など不測の事態が発生した場合はオンラインのみの開催になる場合がございますのでご了承ください。

 

講演会プログラム(13:30〜16:40)

13:30〜開会挨拶 (委員長・長崎国際大学)佐藤 博

1【依頼講演】検出器の最新技術(13:40-14:40)
(1)超小型質量分析計MX908の技術と化学剤検知  (STジャパン)小林 恒夫
(2)ボールSAW(弾性表面波)センサの原理と超小型GCへの応用
    (ボールウエーブ、東北大名誉教授)山中 一司

休憩10分

2【基礎講座】 検出器の基礎を学ぶ(14:50-15:35)
・GCの検出器と質量分析計の基礎 (アジレント)中村 貞夫

3【技術講演】(15:35-16:35)
(1)硫黄化学発光検出器(SCD)の原理と応用例  (島津製作所) 長尾 優
(2) MS用キャピラリーカラムについて (レステック)内海 貝
(3)Spectra Analysis社製GC-IR(DiscovIR)の紹介 (ケン商品開発)高橋 慶
(4)検出器特性を利用した同定法(PID, DELCD, RGD)(テクノインターナショナル)野口 政明

16:35〜 閉会挨拶   (委員長・長崎国際大学) 佐藤 博

*1)諸事情により開始、終了時間が若干前後する場合がございます。予めご了承ください。
*2)資料の配布は行いません。講演内容に関連するご質問に関しては、原則、講演会中にチャットで質問、もしくは(一財)大気環境総合センター(info@iiae.or.jp)に電子メールで質問してください。講演会終了後、講演者から電子メールで回答させていただきます。
*3)当日は、参加許可に必要なので、参加登録時に登録したのと同じ登録者名を入力してミーティングに参加してください。別名での参加の場合は参加許可されません。

■講演会参加費: (すべて税込:振込手数料はご負担ください)
GC研究懇談会会員 :無料
GC研究懇談会会員外:3,000円
学生(所属を明記):1,000円

★参加費は6月17日までにお振込みください。(当日の現金による参加費支払いはできません。)
★参加費振込先:りそな銀行五反田支店(普)0804659 公益社団法人日本分析化学会

■定員:来場50名、オンライン100名(先着順)
※緊急事態宣言が発令された場合など不測の事態が発生した場合はオンラインのみの開催になる場合がございますのでご了承ください。

■申込方法
終了しました

 

■申込締切日 :2022年 6月17日(金)(申込後の参加証の発行は致しておりません)

  • 申込後、仮受付e-mailが届きます。仮受付e-mailが届かない時には下記の問合先に連絡ください。
  • 申し込み締め切り日前でも定員に達した時点で締め切ります。定員を越えた時には同一企業・機関からの参加者数の調整にご協力いただく場合があります。
  • 仮受付e-mailが届いた後、参加費を振り込み、オンライン事務委託先にe-mailで振り込み確認ができる「振込者名と申し込み者(受講者)情報」を連絡してください。請求書は発行いたしません。
  • 領収書が必要な方は「領収書の宛先、領収書の送付先」も明記してください。
  • オンライン事務委託先より参加費の振り込み確認ができた方に、本受付e-mailで参加者番号が届きます。オンライン参加の場合は受講者名と参加者番号、会場での参加は参加者番号を当日受付に提示ください。

■オンライン参加方法:
申込者に開催日の数日前までにe-mailで開催案内等の詳細と聴講のためのURL等を、オンライン事務委託先の(一財)大気環境総合センター(info@iiae.or.jp)から送付させていただきます。開催前日までにURL等が届かなかった時にはオンライン事務委託先に連絡してください。

■新型コロナ対策として、会場では充分な席間隔をとり、受付には消毒液をご用意しております。また、マスク着用の徹底をお願いいたします。当日体調不良と思われた場合にはお断りする場合があります。

尚、緊急事態宣言が発令された場合など不測の事態が発生した際には、オンラインのみの開催となる場合がございますのでご了承ください。

問合先:(株)島津製作所 分析計測事業部 GADC 和田豊仁 E-mail: toy-wada@shimadzu.co.jp

オンライン事務委託先:(一財)大気環境総合センター E-mail:info@iiae.or.jp、TEL03-6801-6082

なお,最新情報はガスクロマトグラフィー研究懇談会のホームページをご覧ください。 http://www.jsac.or.jp/~gc/