本文へスキップ

日本分析化学会電気泳動分析研究懇談会は電気泳動技術の向上と発展に貢献します。

キャピラリー電気泳動の基礎と実践マニュアル

電気泳動分析研究懇談会では、キャピラリー電気泳動の普及をめざして操作マニュアルを分担・執筆しています。 内容は、随時、本ホームページで公開予定です。ご期待ください。

測定準備
1. キャピラリーの選択
2. キャピラリーの洗浄方法
3. 検出窓の開け方
4. 泳動液の選択
5. CE用検出器の種類
6. 試料の注入について
7. 電圧の設定
8. トラブルシューティング
9. 資料(装置、キャピラリー、サイトリスト、書籍)
基本的な測定
1. 陽イオン性試料の分析(有機化合物、アミノ酸、ビタミン類)
2. 陰イオン性試料の分析(カルボン酸、核酸)
3. 無機イオン
4. 中性物質の分析
5. 電気クロマトグラフィー
Applications
順次更新します
内容へのお問い合わせ
〒501-1196
岐阜市大学西1−25−4
薬品分析化学研究室
TEL 058-230-8100 内線3640
FAX 058-230-8105(代表)
あて先:分析・江坂と記載ください。
E-mail: esaka_AT_gifu-pu.ac.jp
アドレス入力の際には _AT_@ に変更して下さい。

バナースペース

日本分析化学会電気泳動分析研究懇談会

〒501-1196
岐阜市大学西1−25−4
岐阜薬科大学機能分子学大講座

TEL: 058-230-8100 内線3640

FAX: 058-230-8105(代表)
あて先:分析・江坂と記載ください。

E-mail: esaka_AT_gifu-pu.ac.jp
アドレス入力の際には _AT_@ に変更して下さい。


お問い合わせは上記まで