支部主催行事

 機器分析ワークショップ2017 in 福岡

主 催:日本分析化学会 九州支部
協 賛:サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社 株式会社ジェイ・サイエンスラボ 株式会社ジェイ・サイエンス西日本
日 時:平成29年10月27日(金)13:30~16:20
場 所:福岡大学 中央図書館1F 多目的ホール
【プログラム】
13:30~13:35 日本分析化学会九州支部からご挨拶
         常任幹事 吉田 秀幸(福岡大学薬学部 准教授)
13:35~14:20 高分解能高感度、二重収束型ICP-MSのご紹介及び四重極型ICP-MS(icap,TQとicap,Q)の紹介
         講師 牧 喬志   (サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)エレメンタル事業部)
14:20~15:30 高分解能フーリエ変換型質量分析計Orbitrapと超高感度三連四重極型質量分析計を組み合わせた無標準LC-MS/MS測定
         講師 高梨 啓和   (鹿児島大学大学院理工学研究科 准教授)
15 :30~15 :40  休憩
15:40~16:20 ICP-MS気体試料導入システム(GED)による浮遊粒子中の金属及びガス状金属(Hg他)のリアルタイム測定
         講師 西口 講平((株)ジェイ・サイエンスラボ技術部 ガス交換部)
参  加  費:無 料

第58回分析化学講習会

  主催:日本分析化学会九州支部
     期日:平成29年8月8日(火) ~ 10日(木)
     会場:九州大学伊都キャンパス・福岡市産学連携交流センター・福岡大学理学部
     内容:
     1. ガスクロマトグラフィーの実習
     2. 高速液体クロマトグラフィーの実習
     3. 誘導結合プラズマ-質量分析計(ICP-MS)の実習
     4. X線分析の講義と実習
     5. 電子顕微鏡分析の講義と実習

     申込先 九州工業大学大学院工学研究院物質工学研究系応用化学部門
     E-mail:bunkou58@takenaka.che.kyutech.ac.jp

     問合先 九州工業大学大学院工学研究院物質工学研究系応用化学部門
      実行委員長 竹中繁織 
      庶務 佐藤しのぶ
      会計 末田慎二

第35回九州分析化学若手の会夏季セミナー

     主催:九州分析化学若手の会・日本分析化学会九州支部
     期日:平成29年7月28日(金) ~ 29日(土)
     会場:原鶴温泉 ホテルパーレンス小野屋(〒838-1514 福岡県朝倉市杷木久喜宮1841-1  TEL. 0946-62-1120)
     内容:
     ・九州分析化学若手の会総会
     ・九州分析化学奨励賞授与式・受賞講演
     ・依頼講演 2件
     招待講演1:東京大学 吉本 敬太郎 先生
      演題「細胞分析を支援する機能性高分子材料の設計(仮)」
     招待講演2:北海道大学 真栄城 正寿 先生
      演題「マイクロデバイスを用いた生体分子測定(仮)」
     ・模範ポスター発表(九州分析化学ポスター賞)
     ・一般ポスター発表
     ・懇親会
     参加費(含要旨集,宿泊,夕朝食):一般 \9,500,会員学生:\8,500,非会員学生:\9,000 (予定)
     定員 150名(予定)
     詳細は,ホームページへ http://anal.chem.saga-u.ac.jp/wakate35.html

     問合先 〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町1番地
     佐賀大学大学院工学系研究科  梅木 辰也
     TEL: 0952-28-8555, FAX: 0952-28-8548
     E-mail: umecky@cc.saga-u.ac.jp

新技術インハウスセミナー


主 催:日本分析化学会九州支部(熊本地区)
共 催:(株)ジェイ・サイエンス西日本/(株)ジェイ・サイエンス・ラボ
期 日:平成29年5月16日(火)~17日(水)【2日間】
場 所:熊本大学薬学部付属創薬研究センター
    *使用機器
① 機器分析施設様のICP-MS(ThermoFisher社製)
② ICP-MS用気体試料導入システム(GED)㈱ジェイ・サイエンス・ラボ社製)
内 容:ICP-MS&気体試料導入システム(GED)による浮遊微粒子状金属測定及びガス状金属(Hg)の測定
プログラム
 ・5月16日(火)1日目
   (1)13:30~14:30 ICP-MS用気体試料導入システムGEDの構成説明
   (2)14:30~16:30 大気中微粒子の測定
            *学内大気&採取バッグによる熊本市内の各所と阿蘇周辺大気
・5月17日(水)2日目 
(1) 13:30~14:30 ICP-MS用気体試料導入システムGEDの構成説明
(2) 14:30~16:30 大気中水銀のリアルタイム測定
       *学内大気&採取バッグサンプルによる測定
実習講師:西口講平 (㈱ジェイ・サイエンス・ラボ社:技術部ガス交換部)
参加料:無料
定 員:約20名程度(先着順)
申込み先:㈱ジェイ・サイエンス西日本(Tel:092-611-9161 Fax:092-611-9165)
古財:kozai@js-n.co.jp
佐藤:takumi.sato@js-n.co.jp
川上:kawakami@js-n.co.jp


第30回九州分析化学若手の会 春の講演会


主催 九州分析化学若手の会・日本分析化学会九州支部
期日 2017年5月13日(土) 13時30分~
会場 北九州国際会議場
所在地:〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-9-30
会場:下記キャンパスマップを御参照下さい。
交通アクセス:http://www.convention-a.jp/access/
講演会プログラム
13:30 – 13:35 開会・支部長挨拶 (支部長/熊本大先端) 戸田 敬
13:35 – 14:20 「新しいセンシング機構を組み込んだ蛍光プローブのデザインと応用」(九大院薬)王子田 彰夫
14:20 – 15:05 「蛍光タンパク質と特殊な酵素反応系を組み合わせた細胞内タンパク質の蛍光ラベル化技術の開発」(九工大院情工)末田 慎二
15:20 – 16:05 「熱分析を利用した生体分子相互作用解析について(仮)」 (ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株))麻見 安雄
16:05 – 17:05 「熱分析から低分子薬剤の探索・設計に挑む」(東大院工) 長門石 曉
17:05 – 17:15 閉会・次期世話人挨拶
          第31回春の講演会世話人      
        第35回夏季セミナー世話人    (佐賀大院工)梅木 辰也
17:30 – 情報交換会

参加費 無料(情報交換会参加費1,000円)
申込方法 参加者氏名(ふりがな)のほか、所属と職位、連絡先(住所、電話、FAX、e-mailなど)、情報交換会参加の有無を明記してe-mailにてお申し込み下さい。

参加申込締切 2017年5月5日(金)
申込・連絡先 〒804-8550 北九州市戸畑区仙水町1-1
九州工業大学大学院工学研究院 佐藤 しのぶ
TEL: 093-884-3386 FAX: 093-884-3322
E-mail: shinobu@che.kyutech.ac.jp


 機器分析ワークショップ2017 in 長崎

主 催:日本分析化学会 九州支部協 賛:㈱ジェイ・サイエンス西日本、㈱ジェイ・サイエンス・ラボ
     サーモフィッシャーサイエンティフィック㈱、㈱西村商会
日 時:平成29年5月24日(水)13:30~16:20
場 所:長崎大学薬学部(講義棟)2F第二講堂
【テーマ】
① 高分解能高感度、二重収束型ICP-MSのご紹介及び四重極型ICP-MSの実情
 講 師:牧 喬志(サーモフィッシャーサイエンティフィック㈱エレメンタル事業部)
② 高分解能フーリエ変換型質量分析計Orbitrapと超高感度三連四重極型質量分析計を組み合わせた無標準LC-MS/MS測定
  講 師:高梨 啓和(鹿児島大学大学院理工学研究科・准教授)
③ 灰分回収可能な省スペース小型有機微量分析装置(唯一国産)のご紹介
  講 師:森田 正義(㈱ジェイ・サイエンス・ラボ 技術部 元素分析室)
【プログラム】
13:30~13:35 日本分析化学会九州支部からご挨拶
         常任幹事:中山 守雄(長崎大学医歯薬学総合研究科・教授)
13:35~14:20 高分解能高感度、二重収束型ICP-MSのご紹介及び四重極型ICP-MSの実情
14:20~15:30 高分解能フーリエ変換型質量分析計Orbitrapと超高感度三連四重極型質量分析計を組み合わせた無標準LC-MS/MS測定
15 :30~15 :40  休憩
15:40~16:20 灰分回収可能な省スペース小型有機元素分析装置のご紹介(実機展示)
         ・有機微量元素分析の歩み
         ・解放型燃焼管のメリット
         ・分析例のご紹介
参  加  費:無 料
参加募集定員:60名程度 先着順
最終締め切り:平成29年5月19日(金)
【お問い合わせ及びお申し込み先】
㈱ジェイ・サイエンス西日本(TEL:092-611-9161 FAX:092-611-9165)
           担 当:川 上(kawakami@js-n.co.jp)、松 尾(matsuo@js-n.co.jp)
㈱西村商会(TEL:095-828-2222 FAX:095-824-6144)
           担 当:八頭司(yatouji@n-shokai.co.jp)